大空を写真で切り取った【青空】時々【花】ブログ♪ 0.2%と言われたママへの道  奇跡を信じて運命に挑みます!
http://makipu.blog58.fc2.com/
admin
 

*makipu*写真館♪

プロフィール

makipu

Author:makipu
*結婚11年目のピアノ講師*
★早発閉経不妊★
AMH…6.4以下 測定不能
33歳、卵巣年齢50歳(+_+)
たった1つの卵ちゃんに
夢を託して頑張り中!
 

【治療8年目】
初めて授かった奇跡の命は
子宮外妊娠で赤ちゃんはお空へ…
手術で左卵管も無くなりました。

【治療9年目】
二度目の胚盤胞を移植
着床後4週目に化学流産でした。

【治療10年目】
妊娠出産はドクターStop(⊃д⊂)
でももう時間が無い!
あわよくば採卵だけでも…
と密かに目論見中…だが…!?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆膠原病・自己免疫疾患◆
*IgA腎症
*シェーグレン症候群
*関節リウマチ疑い
*SLE疑い
*紫斑病
*紫斑病性腎炎
*糸球体腎炎
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★通院先と先生方★

【埼玉医科大学総合医療センター】
腎臓内科主治医 叶澤先生
婦人科主治医  高井先生
膠原病内科
皮膚科(紫斑病)
口腔外科(シェーグレン)
眼科(シェーグレン)

【加藤レディースクリニック】


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

医大含め8年間の体外受精結果

◇受精卵 2卵ちゃん
 2011 子宮外妊娠
 2012 初期流産

◆中止  15周期
◇採卵   8回
◆空胞   2回
◆変成   4個

◇現在凍結胚 0

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
前途多難な日々だけど
笑顔溢れるママになる日を夢見て
旦那様&愛猫サチ・フクと共に
スローライフで頑張ります!

写真と音楽が大好きな普通の主婦♪

雨あがりの青空の様に
涙の後にはココロいっぱい
最高の笑顔が広がりますように…。


mixi【排卵障害】コミュ管理人。
どうか1人で悩まないで…
奏来にいつでもメッセ下さい♪

不妊症と患者の気持ちを伝えたくて
ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

頑張るみんなが
笑顔でママになれますように…

カテゴリ

訪問ありがとうございます!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いつもぽちっと ありがとうございます♪

ブログ村新着記事

ぽちっと応援宜しくお願いします!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.08.26/ 19:13(Mon)
今日はいつもより少し涼しくて、見上げた青い空が、眩しくて

DSC01142のコピー

雲がまるで、大空を駆ける波の様に見えた。



さて、不妊治療助成制度の改正について書いて行こうかな。


ここはあくまでも私のブログであって

この先を読む、読まないはいまこれを読んでいるあなたの意志だから・・・

私は私個人の思うままに、書いて行こうと思います。



結構、沢山の意見を読んでみました。

中には、産める機能を持たないならさっさと諦めた方が良いとか

そんなに子供が欲しいなら、里子・養子を引き取ったら良いとか


そこそこ心にグっと来る言葉も多く見受けられました。


年齢制限は仕方がないけど、回数制限は・・・と言う意見も多数。


そんな中、私は何を思うのか

色んな意見を読みながら、自分なりの現状の答えを探してみました。



まずは回数制限について。



私が助成を受けた回数はこれまでに6回です。

今すぐ改正が適用されれば、私はもう助成対象外になります。

現在助成を受けて来ていた人達には一応移行期間が設けてあるようで・・・

それについてはまた今度触れようかと思います。



回数を区切ると言う事が、絶望になるか、希望になるか

それは人それぞれだと思います。


永遠に挑戦し続ける事は出来ない。どこかで何か、区切りの様な物がないと

自分を無理にでも奮い立たせて、頑張らせてしまう。


でも

今の私はまだもう少し、自分を諦めたくない、と思っています。

そんな時、助成対象か、対象外か・・・その差は結構大きい。

高額な体外受精の費用を全額負担して

ダメだった時のショックは計り知れません。

何回かに一回しか上手く体外受精まで辿り着けない私にとって

助成金とは、心の支えでもありました。



きっと同じ様に経済的負担で子供を諦めたり、苦しんだりするご夫婦が居る。

6回と言う壁を、行政側が判断していいのかな・・・

と思いました。



年齢制限について。


これは某議員さんの件もありますが・・・

私はあまりにも年齢が逸脱した高齢出産は賛成ではないです。

産まれてくる子供の将来や、障害を背負うリスクも考えて

私自身も、不妊治療は35歳くらいまで、と決めていました。


42歳がデータ上の妊娠着床率に差が出る・・・と言うのであれば

妊娠率について個人差と、晩婚化と言う猶予を設けて

私個人の勝手な意見としては45歳まででいいんじゃない?

とは思いましたが・・・私自身はそこまで頑張れそうもありません


でもこれは23歳で結婚してすぐ不妊治療をしてきた者の意見ですので

例えばお仕事を頑張って、35歳で結婚した方が

不妊症に気付いた頃~37歳くらいかな。。。そこから不妊治療を始めて

タイミング~人工授精~なんてやってたら、あっという間に40歳です。

持病を持っている方が、それを治すために時間をかける事だってあります。


ただ単に、42歳でバッサリ切っちゃっていいのかしら?

と思いました。



最後に、里子・養子を引き取ったらイイと言う意見について・・・


実にすばらしい意見だと思います。

そんなに子供が欲しいのなら、治療にお金をかけないで

親に恵まれない子を引き取って

世の中に不幸せな子が居なくなれば良いと言う意見・・・



でも、一言言わせていただきたい。

当事者の気持ちは、そんな、簡単な事じゃないのです。

もちろん、養子縁組を希望されるご夫婦もいらっしゃいます。

そして引き取られる側の子に関しても、親が居ないから不幸せだなんて事はない。



これはあくまでも私個人の意見であって

不妊治療患者を代表するものではないのですが・・・



~~~したらいいじゃん!


言うのはとても簡単です。

でも、もしもご自分やご家族がそうだった時・・・

愛する人との間に子供を授かりたいと思う気持ち

自分自身で命を産み育ててみたいと思う気持ち

そういうココロの部分は、そう簡単にはいかない。

ましてや、お金どうこうという言葉は論外です。



里子・養子を引き取るご夫婦も、安易な決断や半端な気持ちではないと思います。

最終的にその決断をするまで

ご夫婦で沢山の葛藤を乗り越えて、養子縁組を決意するのだと思います。

私にもその気持ちが無い訳ではない。

ただ、まだその時ではないと思っています。

その時は、いつ来るか判らないし、私にはやって来ないかもしれません。

現時点での中途半端な体調や気持ちではいけないと思うから。




まとめっ


決まってしまった以上、絶望してても仕方がない。

その国のルールにのっとって生きていくしかない。


いま目の前にある出来る限りの事をして、後悔しない様に生きていきたい

そう思います


まずは腎臓病を何とかしないと!

チャレンジするにも何も・・・これでは何も出来ませんよね(苦笑)

頑張ろうと思います


不妊症治療と患者の気持ちを多くの方に届けたくてランキングに参加しています
持病撃退ファイト!ポチっと応援して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ       人気ブログランキングへ
いつもたくさんの暖かい応援をありがとうございます


この記事はあくまでも私個人の勝手な感想と思いを綴ったものです。

賛成・反対・その他沢山の意見などあると思いますが

春の陽が道端のタンポポを照らすような、暖かいココロで読んで頂ければ幸いです

なお、他の患者さんを不快にさせたり傷つけるようなコメントに関しましては

出来るだけすぐに削除いたしますのでご了承ください。


   
編集[管理者用] Comment(6) 
 
Comment
 

不妊治療助成制度改正のニュース。
通院を止めた私にとっても、心が痛む話題です。

いつまで、どこまでやったら見切りをつければいいのか。
助成を受けてもなお高額な自己負担額。
諦める時が来たら養子縁組も視野に入れていて・・・でも、できることなら愛する人との子を授かりたい。

当事者にしか解らない気持ちがあります。
何の苦労もなく自然妊娠で授かった人に言われたくない言葉もあります。
本当に、妊娠出産に関しては神様仏様はいませんからね(^^;
後を絶たない虐待、育児放棄、出産後すぐゴミ置き場に置いたり、トイレに流したなんて、恐ろしいニュースもありましたしね。
授からないのは親になる資格がないからだ、なんて意見を読んだことがあるけど、じゃあ上記のとんでもない親たちは、親になる資格があったなんて言えるの?矛盾してますよね。
おっと、話が助成制度からそれてしまった(. .)
私としては、望む夫婦にコウノトリが来るよう願うばかりです。

この前のレスありがとう(^^)
あれから日にちが経って、落ち着きました。
義母は優しい人だから、私を傷つけるつもりがないのは分かってるんです。
でも気にしている話題になって、私が勝手に傷ついてしまった。
最近義妹が出産して初孫ができたから、私にももしかしたらって期待する気持が出てきたのかも。
義妹より2年早く結婚した私たちが初孫を見せてくれると思っていたはずだから、それが叶えられなかった心苦しさもあって。
結婚当初からずっと孫を期待されてたから、私自身も義妹の子を見て複雑で、気持ちがグチャグチャだったから・・・

以前友達に言われたんだけど、強くならなきゃいけないねって言葉を思い出します。
これからもこういう事はあると思う。
まきちゃんの言うように、うまく自分をコントロールしながら、笑顔で未来へ歩いて行けるように・・・ 覚悟を決めて、いちいち傷ついて泣いてばかりいないで、もっと自分を強くしていこうと思います(^o^)v
長い文章でごめんなさい(><)

NAME:あきこ | 2013.08.27(火) 08:55 | URL | [Edit]

 

某議員さんの年齢と、お子様のご体調の因果関係はわかっていないと思いますよ…。
別に抗議ではないですよ^_^
愛情をいっぱい受けて、大きくなって欲しいな!

あと、私には難病指定の友人がいるので、不妊治療以外にも国の救いを求めている人は沢山いるし、国のお財布事情を考えると、制限は仕方ないかもしれないけど、補助金が出ても経済的に治療できない人も沢山いるので、まずは治療を受けたい人が受けられるようになって欲しいな>_<
我が家は所得制限があって受給できなかったけど、その分が治療自体踏み込むのが困難な方にまわるなら嬉しいです。でも休みもなく家族で旅行に行く暇もなく、楽に儲けたお金ではないですから、国の無駄使いに利用されるのは本当にやるせないです。
国の無駄を除き、困っている方の生活が潤うようになって欲しいです。

NAME:パンダ | 2013.08.27(火) 11:39 | URL | [Edit]

 

あきちゃん♪

私が最近思う事

もし、諦める時が来るなら、その時は周りの事で傷ついたり凹んだり、子供が居ない自分を責めないで良い、その位まで走り通せたらいいなって思います。
後悔しないなんてきっと無理で、あの時ああしておけば良かったとか、もっと頑張ればよかったって、いま100%で頑張ってても、未来の私は後悔すると思う。
けど、その後悔を出来るだけ小さく、少なくしてから、諦められたらいいんじゃないかなって。
でも、その時が来るまでは諦めたりはしない。
前を向いて、歯を食いしばって、叶うと信じて歩かなきゃって。

諦める時・・・じゃなくて、【新しい生き方で歩きだす時】
にしたいな(*゜―゜)
あきちゃんも、新しい生き方を始める時、になってたら嬉しい。
それに、通院を止める事が諦める事ではないと思うから・・・
それを今から記事で証明してみせるぜベイベー!(*゜―゜)b

NAME:makipu | 2013.08.29(木) 10:10 | URL | [Edit]

 

パンダさん♪

コメントありがとうございます(*^^)

某議員さんですが、お子様の障害の事は確かに因果関係が判っていませんね。
ですが目立ってしまった彼女のおかげで、卵子提供と高齢出産の患者さんへの風あたりが少し強くなってしまったのも事実です。
成功すれば正義、失敗すれば悪、と見られてしまう世の中で、彼女の様にマスコミへの影響力が大きい方は、他の患者さんへの配慮をもう少し出来なかったかな・・・と思うのです。
卵子提供の末に子供さんを授かった、高齢でも出産出来た、その事に関して、とても幸せな事だと思います。
提供卵子である子供さんの将来や、障害については家族が支えあっていくもので、私達他人が何かを言うべき事ではないと思うので・・・
幸せであってほしいと、願うのみです。

ホント、他に削れるところ絶対ありますよねえ!(-_-;)
なんでここ削るかな!? って思いました。
私の旦那さんは医療従事者なので・・・
不妊治療以外にも、国の支えを必要としているケースを沢山教えてもらいます。
私はこう言うブログのジャンルですので、不妊治療に特化して発言していく事で、少しでも多くの方にこういうケースがある、と知ってほしくて・・・。
でも実際は数え切れないほど、必要とされている補助ってありますよね。
私自身も不妊治療以外の難病指定の疾患持ちなので・・・
もう少しなんとかならないの!?と思う事があります。
一生懸命税金を納めていても、いざという時ちっとも助けにならない、そんな国だから・・・若者は税金を払わない、なんてケースも出るんでしょうね(^_^;)
国の借金とは、私達国民に対して国がしている借金・・・と言うのが正しいそうで。
私達国民が国に借金してる訳ではないのですが・・・
何故か、国民1人1人に背負わせようとしますよね。
今まで借金作ってきた過去のお偉いさん方の遺産から徴収してほしいです(苦笑)

NAME:makipu | 2013.08.29(木) 10:23 | URL | [Edit]

 

makipuさんに悪意はないのはわかりますし、
仰ろうとされる事はわかりますが、妊娠、出産に成功、失敗という言葉は当てはまらないと思います。
「失敗」だとするなら、それは生まれて来た赤ちゃんさえも否定する事になってしまいます。
我が子の病気や障害を喜ぶ人はいませんが、そこに人生の意味、本当の幸せを見つける方もいらっしゃると思います。その事はmakipuさんよく仰っていますよね。

すみません、個人のブログだし、揚げ足取りかなとも思いますが、誰でも見れる場なので、彼女のお子様が大きくなった時にもし目に止まったら、自分だったらショックだなあと思ったもので…。

私は高齢出産でしたが、彼女のせいで高齢出産のイメージを悪くした人がいるなら、それはその人の心の問題だと思っています。
勿論、批判の声があがるのはよく分かります。
でも高齢出産も十人十色。
それに当事者にしか分からない事もあるし、
もしかしたら卵子提供でも、高齢出産のせいでもないかもしれない。

例え風当たり強くても、自分の人生、こうと決めたら進むしかないですしね^_^

別に私は彼女を擁護しているわけではなくて、お子さんのために、これからは穏やかに過ごして欲しいなあと思うだけです^_^

そして、makipuさんの願いも叶いますように⭐

NAME:パンダ | 2013.08.30(金) 01:48 | URL | [Edit]

 

パンダさん♪

すみません、私の言葉足らずで申し訳ありません。
成功、失敗というのは妊娠の事や治療の事を指しているのではなく、何らかの計画や政治戦略と言った一般的な価値観の事を指して言いました(*^^)
妊娠に失敗という表現は口が裂けても申しません。
それについては、長くブログを読んでくださっている方はご存知かもしれませんが、身内の無計画な妊娠についても、避妊をしなかった事等含めて色々ありますが、命が授かった事についてだけは失敗だとは全く思っていないからです。
最終的に堕胎と言う選択だったのですが・・・
これについてはあまり詳しく書こうとは思いませんのでここまでにさせていただきますね(*゜―゜)

文字だけの世界で私と言う性格をあまりご存じでない方にとってはそう言う風に受け取られる事も有るのだな、とこの先は気をつけて言葉を選ぼうと思います。
ご指摘ありがとうございます(*^-^*)

NAME:makipu | 2013.08.30(金) 22:07 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2018 Aosora*tomato♪~早発閉経症 夢を信じて~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。