大空を写真で切り取った【青空】時々【花】ブログ♪ 0.2%と言われたママへの道  奇跡を信じて運命に挑みます!
http://makipu.blog58.fc2.com/
admin
 

*makipu*写真館♪

プロフィール

makipu

Author:makipu
*結婚11年目のピアノ講師*
★早発閉経不妊★
AMH…6.4以下 測定不能
33歳、卵巣年齢50歳(+_+)
たった1つの卵ちゃんに
夢を託して頑張り中!
 

【治療8年目】
初めて授かった奇跡の命は
子宮外妊娠で赤ちゃんはお空へ…
手術で左卵管も無くなりました。

【治療9年目】
二度目の胚盤胞を移植
着床後4週目に化学流産でした。

【治療10年目】
妊娠出産はドクターStop(⊃д⊂)
でももう時間が無い!
あわよくば採卵だけでも…
と密かに目論見中…だが…!?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆膠原病・自己免疫疾患◆
*IgA腎症
*シェーグレン症候群
*関節リウマチ疑い
*SLE疑い
*紫斑病
*紫斑病性腎炎
*糸球体腎炎
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★通院先と先生方★

【埼玉医科大学総合医療センター】
腎臓内科主治医 叶澤先生
婦人科主治医  高井先生
膠原病内科
皮膚科(紫斑病)
口腔外科(シェーグレン)
眼科(シェーグレン)

【加藤レディースクリニック】


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

医大含め8年間の体外受精結果

◇受精卵 2卵ちゃん
 2011 子宮外妊娠
 2012 初期流産

◆中止  15周期
◇採卵   8回
◆空胞   2回
◆変成   4個

◇現在凍結胚 0

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
前途多難な日々だけど
笑顔溢れるママになる日を夢見て
旦那様&愛猫サチ・フクと共に
スローライフで頑張ります!

写真と音楽が大好きな普通の主婦♪

雨あがりの青空の様に
涙の後にはココロいっぱい
最高の笑顔が広がりますように…。


mixi【排卵障害】コミュ管理人。
どうか1人で悩まないで…
奏来にいつでもメッセ下さい♪

不妊症と患者の気持ちを伝えたくて
ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

頑張るみんなが
笑顔でママになれますように…

カテゴリ

訪問ありがとうございます!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いつもぽちっと ありがとうございます♪

ブログ村新着記事

ぽちっと応援宜しくお願いします!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
この記事は昨日の記事の続きとなります。

昨日の記事に一度目を通して頂き、その後読んで頂ければと思います


さて本題


第三者卵子提供について、私個人の考え(2013年1月19日版)


私はやっぱり、提供は今考える段階ではない、と思っています。

現段階では、受けない、受けられない、する、しない、選ばない、選べない


どれでもなく・・・考えない。 


以前、提供に関しての勉強を始めた時に

自分の卵子の可能性を捨てきれない人は、提供を望むべきではない

と助言を受けました。

今の私は、確かにその通りだと思うから。


中途半端な気持ちのまま、提供を受けようかって考えるコト自体

・・・それこそ何よりのエゴだと思うから。 いや、私個人の見解、あくまでも。


本当にもうそれしか道が無い、そういう所に、まだ私は立ってすらいない。

頑張れるところが残っているなら、完全にその可能性が潰えるまで・・・

頑張ってからじゃなきゃいけない、、、そんな気がして。



それと、旦那さまとの価値観の違いもここ2年でだいぶ増えてきたかな?


人は変わります、と書いてくれた方が居ました。

確かにその通り、人は変わる。


30歳を過ぎて、周りの友人たちに子供がどんどん授かって行く時間の中で


このまま子供が授からないなら、2人の人生もありだって言ってくれた旦那さま


でも、今は子供が欲しい、そんな思いをしっかりと持っているみたい。

提供に関しても、養子縁組に関しても、私より前向きだった。


そりゃそうだー・・・・

健康な34歳男子だもの、子供が欲しいと思ったって当たり前だあー・・・

誰に批難される事もない、純粋な思いだ。

種族維持本能でもあるだろう。


子供好きな人だから、結婚したんだし。うん。


ただね・・・



子供を育てて行けないなら、後世に何も残せない、的な言葉だけは・・・

大いに傷ついたー! てか、痛かった。


子供を育てて行く事だけが、私達夫婦の人生の希望なのかなあ。

少なくとも私は、2人の人生、を想定していたから・・・

その言葉に、甘えてたんだな、と反省した。


2人でも、仲良く過ごして、思い出を沢山作って・・・そうやって幸せに死んで行けたら

って言うのは、私だけの勝手な希望や妄想だったかもしれない。



何が何でも、頑張るか・・・


卵子提供支援団体のニュースから一転

旦那さんのためにも、早期に身を引くか、そんな事態になっているのでした




不妊症治療と患者の気持ちを多くの方に届けたくてランキングに参加しています
みんなで頑張ろう!ポチっと応援して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ       人気ブログランキングへ
いつもたくさんの暖かい応援をありがとうございます
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Comment
 

難しい問題ですよね。でも提供してくれる人がいるならあり難いなと思います。私も早発閉経で随分悩みました。採卵できても空砲ばかりでお医者さんからは難しいと何度も言われました。でも奇跡的に一つ採卵でき昨年出産しました。限りなく可能性がゼロに近くても人間の身体は神秘でわからないものです。
これは私の考えですがもし提供だとしても自分のお腹の中で大切に育て痛い思いして産んだ子は我が子だと思います。
治療を続けるのは本当に本当に大変だと思いますがとことん頑張った先にまた新たな考えもでてくるかもしれません。
偉そうな事を言ってすいません。
応援してますので無理せず頑張って下さい

NAME:ゆり | 2013.01.21(月) 12:35 | URL | [Edit]

 

makiさん、ご無沙汰しています。
このニュースには考えさせられましたね。

私自身は、治療に見切りをつけました。
これから先、どちらかが先に逝くまで2人だけの生活です。
まだ諦めきれない義両親のことが引っ掛かりますが(_ _;)

ここから先は私たち夫婦の考え方なので、こういう夫婦もいるんだ、って感じで読んでくださいね。

一昨年早発閉経が分かった時に、夫婦で卵子提供の話をしました。
私は、自分の遺伝子でなくても主人の遺伝子を受け継いだ子がいたらいいなと言いました。
それと妊娠・出産・育児が経験出来れば自分が人として成長するのでは、という期待もありました。

でも主人は、私の遺伝子を持たない子を持つつもりはない、と言いました。(卵子提供に対する批判ではありません。自分自身はどうするかと考えた時の主人の考えです)

その時、主人から養子の話をされました。
自分の思想や考えを伝えられる子がいたらいいんじゃないかな、と。
でもその時は、まずは不妊治療をしようということで、その話は終わりました。

で、月日は流れ・・・昨年治療を止めたわけですが。
主人の両親からは、名前を残すために養子を迎えて欲しいと言われました。

その後、主人に本当に養子を迎える気持ちがあるのかを聞いたところ・・・2年前とは考えが変わっていました。

まず、親が言うような、名前を残すための養子を迎えるつもりはない。
そして、自分の思想や考えを伝えるための養子も、今は考えていない。
自分の趣味で作ったサークルに人が集まってくれたから、これが今後も形となって続いていけば、自分の人生ではそれを残せたと思える。
そう言ってくれました。

それでも義両親のことが気になり、身を引こうとした私に「何言ってるの」と優しく言ってくれました。
それで随分救われました。

とはいえ子供がいない人に対する偏見や、治療に専念するため仕事を辞めたことを後悔したり、悩みは尽きない日々ですが。

今は少しでも明るく前向きに、妊娠・出産・育児の経験はなくても、立派な人間になるべく努力をしなければと考えています。

長くなってすみません。
私はmakiさん自身が納得のいく人生になることを祈るだけです。

NAME:あきこ | 2013.01.21(月) 16:46 | URL | [Edit]

 

ゆりさん♪

コメントありがとうございます!
早発でも妊娠出産例があるのだと、、、
それがどれだけ希望になるか・・・コメント本当にありがとうございます(>_<)
私も何度も空砲や卵ちゃんが育たない状態なので・・・
難しい、と言う事、痛いほど見に染みて判ります。
提供卵子でも10ヵ月お腹の中で育てて、お腹を痛めて産んだ子なら・・・
3年前の私は、確かにそれでも愛していく自信も、自分の子として育てて行く自信もあったと思います。
でも、30代になって、色々な事が勢いでは決められなくなり、色々な考え方を知って、不安にもなったり、勉強になったり・・・
20代の時とはまた考え方も変わりました。
私が愛せる愛せないはもちろんですが、生まれてくる子の事を第一に考えねばならない、と言う事。
愛せると思います、子供がとても大好きだから。
でも、一度このお腹に宿した我が子、を私は今でも忘れられないのです・・・
まだ、自分自身の卵ちゃんを、信じていたい。
その気持ちが残ってるから・・・提供卵ちゃんにまだ逢いに行ってはいけない、その資格はない、そう思っています。
私よりも、もっと卵子提供を必要としている患者さんがいらっしゃる。
その方達に、まず最優先に・・・
それが今の願いです。
1人でも多くの哀しみの涙が、赤ちゃんを抱き上げた喜びの涙になりますようにと祈りながら・・・
私は私の今できる事、を探したいなって思います(^^ゞ
どうしてもダメなら、その時また考えようかなって。

NAME:まきぷ | 2013.01.22(火) 02:33 | URL | [Edit]

 

あきこさん♪

私も、妊娠・出産・育児の経験が無くとも
旦那さまと二人で幸せな日々をささやかにでも、過ごしていけたら・・・
そんな風に思っていました。
少しずつ、子供が居なくても笑顔で居られる日を見つけられる様にと思っていたのです・・・。
けれど旦那さまは違っていました。
数年前、子供が授からないなら2人の人生もアリだと言っていたけれど、今はそうじゃない。
欲しくて欲しくてたまらない、子供がいない人生に価値を見いだせない、とまで言われてしまいました。
一番心が寄り添っていたと思っていた人に、随分私は無理させてたんだなって反省です(・_・;)
うちの旦那さまは、常に自分の人生には自分が一番なタイプなので・・・
今まで本音を隠していただけでも、相当な優しさだったなと思いました(笑)
そう言う人を旦那さんに選んだのは私だから、悔いとか後悔は無いのですが・・・
子供産めないなら提供を受け入れるか、養子を受け入れるか、離婚か、、、と最終到着点がこの三択なのが結構厳しくて、かなりナーバスになってしまいました(゜_゜)
今はもうとにかく、体調を整えて暖かくなったら治療するしか道は無いなーと思っています。
でも、提供にせよ養子にせよ、旦那さんと別れたくないから受け入れる、って気持ちでは絶対嫌なのです。
心からこの人の子供が欲しいと本気で思えたなら、その時考えようかなって思います。
今はまだ心が追い付かなくて(苦笑)
とりあえず時間は止まってくれないから、治療だけはしなくちゃ!と言う感じで・・・
これじゃ自分の卵ちゃんにも失礼ってものです(>_<)

子供が出来ない夫婦への偏見と言うか、風あたりって確かに時々感じます。
耳を閉ざして、心を無にして、聞き流すように、傷つかない様に、一生懸命でした。
色んな意味で、子供を産み育てて行くのとは全然違うけれど、やっぱり人生って大変な試練ですよね!
乗り越えて行けるパートナーと、手を強くつないで。。。
闘っていけたらいいのになって思います。

NAME:まきぷ | 2013.01.22(火) 02:46 | URL | [Edit]

 

本当にこのニュースには考えさせられました。
旦那様と同い年の女性、東京在住です。

早発の親族がいます。
長年、辛い治療をしています。

私自身も婦人科の疾患があり、一度、子宮の手術をした後になんとかやっと子供に恵まれました。
「この子宮の状態では、妊娠継続は厳しい」
と言われ、目の前が真っ暗になり、泣きました。
なので不妊治療の辛さが少し分かります。
(「少し分かる」と書いたのは、辛い気持って本人しか分からないと思っているためです。)

私の卵子も医学面で問題がないようであれば、提供するつもりです。
でも、ぎりぎり年齢制限に引っかかってしまうかもしれません・・・。
HPを見たところ、出産経験があるなら年齢オーバーしても大丈夫な場合もあるようなので、問い合わせしてみようと思っています。
私の体も老化していはずだから、うまくいくかは分かりませんが。
そして卵ちゃんを貰ってくださる方からしたら、(私よりも)若くて安全な卵ちゃんが良いに決まっているので、質の問題で最終的に提供できるかもわからないですが・・・。

偏見があるかもしれませんが、(難しいかもしれませんが)
気にしないようにしてくださいね。
誰でも虫歯になれば歯医者さんで治療を受けます。
それと同じで、子供が欲しい方がお医者さんの手助けを受け、治療を進めることは至極まっとうなこと。
くだらない批判を言う奴は、殴りたくなります(笑)

私も親族がぼろぼろになっているのを、身近でずっと見ています。
他人事とは思えず、見えないところで応援している人も沢山いる、それを伝えたくて書き込みしました。
余計なお世話であったらごめんなさい。

NAME:すぬすぬ | 2013.01.31(木) 02:08 | URL | [Edit]

 

すぬすぬさん

閲覧、そしてコメントをありがとうございます(>_<)

患者側からも、提供して下さる方側も、そしてそれぞれの周りの人達も。。。
みんなが考えさせられる時代に入ったな、って思いました。
ただ、気持ち悪いとか、そこまでして子供が欲しいかとか、エゴだとか。。。
人の心を知ろうともせず罵倒するだけの言葉達に、優しい心達がどれだけ傷つき、涙を流しているのか・・・
人は簡単に人を傷つける事が出来ます。
でもその何倍も、助ける事だって出来る。
傷つける勇気より、人を愛する勇気を多くの人に知ってもらいたい、優しさが届いてほしい・・・
そんな世の中であってほしい。
今はそれだけが願いです。

私も、もしも卵子が育つ望みがあるなら
自分の治療はもちろんですが、母になる事が出来たら・・・
提供する側になりたいと思っています(*^^)
自分に出来る事を出来る限りやっていきたい。
誰かの笑顔のために・・・それがエゴだと言うのなら、エゴでもいっかと思ってます(^^ゞ
世の中には本当に沢山、色んな考えの人がいるけれど
すぬすぬさんの様な方からのコメントを頂けると、本当に勇気が湧いてきます。
ありがとうございます(>_<)

NAME:まきぷ | 2013.02.06(水) 00:29 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 Aosora*tomato♪~早発閉経症 夢を信じて~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。